iRVI()

 iRVI()関数は、相場のボラティリティ(変動率)の拡大・縮小を判断するRVI(Relative Vigor Index)及びそのシグナルの値を取得するために使用します。

 iRVI()関数は、以下のように定義されています。

double iRVI(
string symbol,
int timeframe,
int period,
int mode,
int shift
);

 各引数の意味は、以下のとおりです。

  • string symbol
    RVIの値を計算する通貨ペア名を指定します。
    通貨ペア名は、「気配値表示ウィンドウ」に表示されているとおりに記述します。
    特定の通貨ペア名を指定せず、EA等を適用したチャートの通貨ペアのRVIの値を取得したい場合は、「NULL」と記述します。
  • int timeframe
    以下の表に従って、RVIの値を計算する時間軸を指定します。

    timeframeの種類

    種 類
    定 数
    内 容
    PERIOD_CURRENT
    現在の時間足
    PERIOD_M1
    1分足
    PERIOD_M5
    5分足
    PERIOD_M15
    15
    15分足
    PERIOD_M30
    30
    30分足
    PERIOD_H1
    60
    1時間足
    PERIOD_H4
    240
    4時間足
    PERIOD_D1
    1440
    日 足
    PERIOD_W1
    10080
    週 足
    PERIOD_MN1
    43200
    月 足
  • int period
    RVIの値を計算する期間を指定します。
  • int mode
    ライン番号を指定します。
    RVIの値を取得したい場合は「」と記述します。
    シグナルの値を取得したい場合は「」と記述します。
  • int shift
    RVIの値を取得したいバーの位置を指定します。
    RVIの値を取得したいバーが現在のバーであれば「」、1本前のバーであれば「」、2本前のバーであれば「」……と記述します。

具体例

 2本前のバーのRVIの値が2本前のバーのシグナルの値以下で、かつ、1本前のバーのRVIの値が1本前のバーのシグナルの値よりも大きければ、買いエントリーしたい場合は、以下のように記述します。


double RVI_1    = iRVI(NULL,0,10,0,1);
double RVI_2    = iRVI(NULL,0,10,0,2);
double Signal_1 = iRVI(NULL,0,10,1,1);
double Signal_2 = iRVI(NULL,0,10,1,1);

if(RVI_2 <= Signal_2 && RVI_1 > Signal_1)
  {
   int Ticket
   = OrderSend(Symbol(),OP_BUY,0.1,Ask,10,0,0,
               NULL,1879,0,Magenta);
  }
  • OrderSend()関数の詳細については「こちら」を参照してください。
  • Symbol()関数の詳細については「こちら」を参照してください。
  • Askの詳細については「こちら」を参照してください。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説