【異国のトレジャーキャンペーン】4つの通貨ペアでポートフォリオが組めるEAを無料でプレゼント中!

MT4のMACDの見方や使い方、計算式、おすすめの値の設定を解説!

macd-使い方-おすすめ-値-設定

MACDはFXや株でも有名なインジケーターで、国内国外問わず多くの投資家がチャート分析をする時に使用するインジケーターです。

MT4でも標準でMACDはインストールされており、初心者でも使いやすいインジケーターですので、この機会に是非MACDについて興味を持っていただければと思います。

それでは早速MACDの見方や使い方、計算式、おすすめの値の設定を解説していきます。

MACDとは?

MACD(Moving Average Convergence/Divergence)とは、ジェラルド・アペル(Gerald Appel)氏によって開発されたインジケーターで、トレンドの方向性・転換を見極めるために使用されるものです。

MetaTrader4(MT4)では、「ナビゲータウィンドウ」の「インディケータ」ディレクトリの中の「オシレーター」ディレクトリにおいて、「MACD」として用意されています。

また、MACDの値をEA等のプログラミングに使用したい場合は、iMACD()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)を使用します。

MACDは、「MACDライン」と「シグナルライン」で構成されており、MT4に標準で装備されているMACDは、MACDラインが「ヒストグラム」、シグナルラインが「破線」で描画されます。

計算式やおすすめの値の設定

MACDの計算式は、以下のとおりです。

  • MACDライン
    短期指数移動平均線の値-長期指数移動平均線の値
  • シグナルライン
    MACDの指数移動平均線の値

上記の各指数移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)の計算期間は、通常、以下の値を使用します。

  • 短期EMA:12
  • 長期EMA:26
  • シグナルライン:9

なお、MT4に標準で装備されているMACDは、シグナルラインに、EMAではなく、単純移動平均線(SMA:Simple Moving Average)を使用しています(シグナルラインにEMAを使用したMACDの作成方法については「こちら」を参照してください。)。

MACDの開発者であるアペル氏は、「買い」と「売り」でパラメーターの設定を変えているなど

MT4の標準で設定されている値とは異なる部分がありますが、基本的に短期EMA、長期EMA、シグナルラインの計算期間(パラメーター)については、上述のように「12」、「26」、「9」が使用されることが多く、

世界中のトレーダーがこの数値を見ているので、変える必要はないと考えていますので、

MACDを設定する時の値は以下のMT4の標準の値がおすすめです!

  • 短期EMA:12
  • 長期EMA:26
  • シグナルライン:9

 

見方・使い方

MACDラインとシグナルラインの関係を見る

MACD-見方-使い方-手法

  • MACDラインがシグナルラインを下から上に上抜く
    →買いシグナル
  • MACDラインがシグナルラインを上から下に下抜く
    →売りシグナル

 

MACDラインの状態を見る

MACDラインは、短期EMAと長期EMAの差として算出されるので、以下の関係が成り立ちます。

  • MACDラインの値が「負」から「正」に転換
    →短期EMAが長期EMAを下から上に上抜いた状態
    →ゴールデンクロス
  • MACDラインの値が「正」から「負」に転換
    →短期EMAが長期EMAを上から下に下抜いた状態
    →デッドクロス

したがって、

  • MACDラインが「0」ラインを下から上に上抜ける
    →買いサイン
  • MACDラインが「0」ラインを上から下に下抜ける
    →売りサイン

となります。

mt4-macd-買い-売り-サイン

逆行現象(ダイバージェンス)

  • 買いのダイバージェンス
    価格が下落しているのに、MACDラインの値が下げ渋る
    →買い転換のサイン
  • 売りのダイバージェンス
    価格が上昇しているのに、MACDラインの値が上げ渋る
    →売り転換のサイン

ダイバージェンスについては「FX異国の戦士のブログ」の以下の記事で詳しく解説されていますので参考にして下さい。

天井や底値でエントリーする方法はダイバージェンスが有効!レギュラーとヒドゥンダイバージェンスの違いは?