【異国のトレジャーキャンペーン】自由にカスタマイズが出来る最強のEAと手法が作れるインジケーターが無料で貰える!

バイナリーでも使える%Rオシレーター(ウィリアムズ%R)の見方や使い方、計算式を解説!

%Rオシレーター-計算式-解説

FXトレードだけではなく、バイナリーオプションでも使えると有名なMT4インジケーター「%Rオシレーター」(ウィリアムズ%Rと呼ばれることもあります)の見方や使い方、計算式ついて解説致します。

%Rオシレーター

%Rオシレーター(ウィリアムズ%R)とは、ラリー・ウィリアムズ(Larry Williams)氏が考案したインジケーターで、一定期間(通常は「14」)の最高値と最安値の範囲内における、現在のレートの最高値からの相対的な位置を見るものです。

MetaTrader4(MT4)では、「ナビゲータウィンドウ」の「インディケータ」ディレクトリの中の「オシレーター」ディレクトリにおいて、「William’s Percent Range」として用意されています。

また、%Rオシレーターの値をEA等のプログラミングに使用したい場合は、iWPR()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)を使用します。

計算式

%Rオシレーター(ウィリアムズ%R)の計算式は、以下のとおりです。

%Rオシレーター(ウィリアムズ%R)の計算式
%Rオシレーター = (当日終値 – N日間の最高値) ÷ (N日間の最高値 – N日間の最安値)× 100
※設定する期間Nは10日とすることが多いようです。

%Rオシレーターは「-100」から「0」の間で動くようになっています。

見方・使い方

MT4では、ナビゲーター→オシレーターの中の「Williams’ Percent Range」が%Rオシレーターです。

mt4-インジケーター-解説

%Rオシレーターが通常以下の様な使い方をします。

  • %Rの値が「-10」以上、又は「0」に張り付いたら、買われすぎと判断して、反転下落の目安とします。
  • %Rの値が「-90」以下、又は「-100」に張り付いたら、売られすぎと判断して、反転上昇の目安とします。