【異国のドラゴンボーナス】ブログ限定!口座開設で取引回数19000回の最強レベルのEAとインジケーターをプレゼント!

【MQL4勉強プログラミング】選択したポジションのスワップポイントを取得する

OrderSwap()関数は、選択した注文のスワップを取得するために使用します。

OrderSwap()関数は、以下のように定義されています。

double OrderSwap();

OrderSwap()関数には引数がないので、()内には何も記述しません。

戻り値

選択した注文のスワップを返します。

大人気!高評価!最強の平均足! 【異国のベスト平均足】

ご購入はこちらから

最強の平均足インジケーター!1分足~週足まで「ボタンで」一発切り替え&自動サイン生成!これ以上ない極上の平均足の使い勝手! | GogoJungle

注意点

OrderSwap()関数を使用するためには、あらかじめOrderSelect()関数で注文を選択していなければなりません。

【異国のゴールデンゲート】

↓聖杯クラスの運用実績です↓

【異国のゴールデンゲート_USDJPY】 | GogoJungle

ご購入はこちら

具体例

選択した注文のスワップを「ターミナルウィンドウ」の「エキスパート」タブに表示させたい場合は、以下のように記述します。


#property strict

int Ticket = 0; //チケットナンバー

void OnTick()
{
 ……
 if(OrderSelect(Tciket,SELECT_BY_TICKET) == true)
   {
    Print("Swap : ",OrderSwap());
   }
 ……
}