【異国のトレジャーキャンペーン】自由にカスタマイズが出来る最強のEAと手法が作れるインジケーターが無料で貰える!

【MQL4勉強プログラミング】指定したオブジェクトが描画されているウィンドウを検索する方法!

ObjectFind()関数は、指定したオブジェクトが描画されているウィンドウを検索するために使用します。

ObjectFind()関数は、以下のように定義されています。

int ObjectFind(
string object_name
);

引数の意味は、以下のとおりです。

  • string object_name
    描画されているウィンドウを検索したいオブジェクトの名前を指定します。

戻り値

関数が正常に実行された場合は、引数に指定したオブジェクトが描画されているウィンドウのインデックス(0:メインウィンドウ、1以降:サブウィンドウ)が返されます。

エラーが生じた場合は、「-1」が返されます。

エラーの詳細を取得したい場合は、GetLastError()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)を使用します。

注意点

ウィンドウのインデックスは、

  • メインウィンドウの場合
    常に「0」
  • インジケーターが存在するサブウィンドウの場合
    「1」以降

となります。