【異国のトレジャーキャンペーン】自由にカスタマイズが出来る最強のEAと手法が作れるインジケーターが無料で貰える!

【MQL4勉強プログラミング】マルチタイムフレーム機能で使える!指定した時間のバーの位置を取得する方法!

iBarShift()関数は、指定した通貨ペア・時間軸・日時におけるバーの位置を取得するために使用します。

iBarShift()関数は、以下のように定義されています。

int iBarShift(
string symbol,
int timeframe,
datetime time,
bool exact
);

各引数の意味は、以下のとおりです。

  • string symbol
    指定した日時におけるバーの位置を取得したい通貨ペア名を指定します。
    通貨ペア名は、「気配値表示ウィンドウ」に表示されているとおりに記述します。
    特定の通貨ペア名を指定せず、EA等を適用したチャートの通貨ペアの指定した日時におけるバーの位置を取得したい場合は、「NULL」と記述します。
  • int timeframe
    以下の表に従って、指定した日時におけるバーの位置を取得したい時間軸を指定します。

    timeframeの種類

    種 類
    定 数
    内 容
    PERIOD_CURRENT
    現在の時間足
    PERIOD_M1
    1分足
    PERIOD_M5
    5分足
    PERIOD_M15
    15
    15分足
    PERIOD_M30
    30
    30分足
    PERIOD_H1
    60
    1時間足
    PERIOD_H4
    240
    4時間足
    PERIOD_D1
    1440
    日 足
    PERIOD_W1
    10080
    週 足
    PERIOD_MN1
    43200
    月 足
  • datetime time
    バーの位置を取得したい日時を指定します。
  • bool exact
    指定した日時におけるバーが存在しない場合に返される値を指定します。
    「false」と指定した場合は、指定した日時に最も近いバーの位置を返します。
    「true」と指定した場合は、「-1」を返します。

戻り値

指定した通貨ペア・時間軸・日時におけるバーの位置を返します。

バーの位置は、指定した日時が現在のバーに相当する場合は「0」、1本前のバーに相当する場合は「1」、2本前のバーに相当する場合は「2」……と表されます。

指定した通貨ペア・日時におけるバーが存在しない場合は、第4引数の指定に従って、指定した日時に最も近いバーの位置、又は「-1」が返されます。

具体例

「ドル/円」の1時間足チャートにおける「2015/06/15 12:00」時点のバーの位置を取得したい場合は、以下のように記述します。


datetime sometime = D’2015.06.15 12:00′;

int shift =
iBarShift(“USDJPY”,PERIOD_H1,sometime,false);

Print(“Index of the bar for the time “,
      TimeToStr(somtime),” is “,shift);
  • Print()関数の詳細については「こちら」を参照してください。
  • TimeToStr()関数の詳細については「こちら」を参照してください。