初心者から上級者まで嬉しい特典!2つのEAとインジケーターを無料でプレゼント中!詳しくは こちら

【MQL4勉強プログラミング】MathRand()関数で0~32767までの範囲内にある疑似乱数の値を取得

MathRand()関数は、「0」から「32767」までの範囲内にある疑似乱数の値を取得するために使用します。

MathRand()関数は、以下のように定義されています。

int MathRand();

MathRand()関数には引数がないので、()内には何も記述しません。

戻り値

「0」から「32767」までの範囲内にある整数を返します。

注意点

MathEand()関数を使用するためには、あらかじめMathSrand()関数を使用して、一連の疑似乱数を生成しておく必要があります。

  • MathSrand()関数の詳細については「こちら」を参照してください。