MathRand()

 MathRand()かんすうは、「から32767までの範囲内にある疑似乱数の値を取得するために使用します。

 MathRand()関数は、以下のように定義されています。

int MathRand();

 MathRand()関数には引数がないので、()内には何も記述しません。

戻り値

 「0」から「32767」までの範囲内にある整数を返します。

注意点

 MathEand()関数を使用するためには、あらかじめMathSrand()関数を使用して、一連の疑似乱数を生成しておく必要があります。

  • MathSrand()関数の詳細については「こちら」を参照してください。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説