iTime()

 iTime()関数は、通貨ペア・時間軸・バーの位置を指定してバーの形成開始時刻を取得するために使用します。

 iTime()関数は、以下のように定義されています。

datetime iTime(
string symbol,
int timeframe,
int shift
);

 各引数の意味は、以下のとおりです。

  • string symbol
    バーの形成開始時刻を取得したい通貨ペア名を指定します。
    通貨ペア名は、「気配値表示ウィンドウ」に表示されているとおりに記述します。
    特定の通貨ペア名を指定せず、EA等を適用したチャートの通貨ペアのバーの形成開始時刻を取得したい場合は、「NULL」と記述します。
  • int timeframe
    以下の表に従って、バーの形成開始時刻を取得する時間軸を指定します。

    timeframeの種類

    種 類
    定 数
    内 容
    PERIOD_CURRENT
    現在の時間足
    PERIOD_M1
    1分足
    PERIOD_M5
    5分足
    PERIOD_M15
    15
    15分足
    PERIOD_M30
    30
    30分足
    PERIOD_H1
    60
    1時間足
    PERIOD_H4
    240
    4時間足
    PERIOD_D1
    1440
    日 足
    PERIOD_W1
    10080
    週 足
    PERIOD_MN1
    43200
    月 足
  • int shift
    形成開始時刻を取得したいバーの位置を指定します。
    形成開始時刻を取得したいバーが現在のバーであれば「」、1本前のバーであれば「」、2本前のバーであれば「」……と記述します。

戻り値

 引数に指定した通貨ペア・時間軸・バーの位置における形成開始時刻が返されます。

 引数に指定した通貨ペア・時間軸・バーの位置における形成開始時刻のデータがない場合(エラーが生じた場合)は、が返されます

 エラーをチェックするためには、GetLastError()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)を使用します。

注意点

 EA等を適用したチャートにおける各バーの形成開始時刻は、定義済み配列であるTime[](詳細は「こちら」を参照してください。)に格納されています。

 したがって、EA等を適用したチャートにおける各バーの形成開始時刻を取得したい場合はTime[]を使用し、EA等を適用したチャート以外の通貨ペアや時間軸における各バーの形成開始時刻を取得したい場合(他の通貨ペアや時間軸における動きをチェックしたい場合)はiTime()関数を使用します

関連手法

通貨相関で実践的且つ効率よく押し目買い戻り売りを狙う専業トレーダー手法!
通貨相関を使った効率的トレンドフォロー手法『C TRADE』公式販売ページ
通貨相関を使った効率的トレンドフォロー手法『C TRADE』公式販売ページ | fx-on.com

通貨相関を使った効率的トレンドフォロー手法『C TRADE』公式販売ページ
通貨相関を使った効率的トレンドフォロー手法『C TRADE』公式販売ページ | fx-on.com

 上記手法(C TRADE通貨相関を使った効率的トレンドフォロー手法『C TRADE』公式販売ページ | fx-on.com)の詳細については「こちら通貨相関を使った効率的トレンドフォロー手法『C TRADE』公式販売ページ | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説