IsTradeAllowed()

 IsTradeAllowed()関数は、EAによる自動売買が許可されてるかどうかをチェックするために使用します。

 IsTradeAllowed()関数は、以下のように定義されています。

bool IsTradeAllowed();

戻り値

 EAによる自動売買が許可されている場合は「true」が、それ以外の場合は「false」が返されます。

注意点

 以下の関数は、EAによる自動売買が許可されている場合(=EAやスクリプトのプロパティにおける「Allow Live Trading」のチェックボックスにチェックが付いている状態)にのみ実行されます。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説