【異国のトレジャーキャンペーン】自由にカスタマイズが出来る最強のEAと手法が作れるインジケーターが無料で貰える!

FXインジケーターのベアパワー(Bears Power)とは何?計算式や使い方!

ベアパワー(Bears Power)とは、アレキサンダー・エルダー(Alexander Elder)氏が開発したインジケーターで、市場の弱気筋(売り圧力)の勢力を見極めるために使用するものです。

ベアパワー

MetaTrader4(MT4)では、「ナビゲータウィンドウ」の「インディケータ」ディレクトリの中の「オシレーター」ディレクトリにおいて、「Bears Power」として用意されています。

また、ベアパワーの値をEA等のプログラミングの際に使用したい場合は、iBearsPower()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)を使用します。

計算式

ベアパワーの計算式は、以下のとおりです。

ベアパワー = 現在の安値 - 現在の指数移動平均線の値

指数移動平均線の計算期間は、通常は「13」です。

3.使い方

⑴ トレンド系指標と組み合わせる

移動平均線などのトレンド系指標が下降トレンドを示しているときに、ベアパワーの値が「0」より小さい場合は、弱気と判断し、売りシグナルとします。

⑵ ベアパワーと併用する

ベアパワーは、ブルパワー(Bulls Power)と併用されることが多いです(ブルパワーの詳細については「こちら」を参照してください。)。

具体的には、以下のように使用します。

  • ベアパワーとブルパワーの値がともに「0」よりも大きい
    「買いサイン」とします。
  • ベアパワーとブルパワーの値がともに「0」よりも小さい
    「売りサイン」とします。

    Bull-Bear-Power-View