【異国のトレジャーキャンペーン】自由にカスタマイズが出来る最強のEAと手法が作れるインジケーターが無料で貰える!

【MQL4勉強プログラミング】EAやインジケーターの開発で移動平均線の標準偏差の値を取得する方法!

iStdDev()関数は、各種移動平均線(単純、指数、平滑、線形加重移動平均線)を中心とした、指定期間における標準偏差の値を取得するために使用します。

iStdDev()関数は、以下のように定義されています。

double iStdDev(
string symbol,
int timeframe,
int ma_period,
int ma_shift,
int ma_method,
int applied_price,
int shift
);

各引数の意味は、以下のとおりです。

  • string symbol
    標準偏差の値を取得したい通貨ペア名を指定します。
    通貨ペア名は、「気配値表示ウィンドウ」に表示されているとおりに記述します。
    特定の通貨ペア名を指定せず、EA等を適用したチャートの通貨ペアの移動平均線の標準偏差を取得したい場合は、「NULL」と記述します。
  • int timeframe
    以下の表に従って、標準偏差の値を計算する時間軸を指定します。

    種 類
    定 数
    内 容
    PERIOD_CURRENT
    現在の時間足
    PERIOD_M1
    1分足
    PERIOD_M5
    5分足
    PERIOD_M15
    15
    15分足
    PERIOD_M30
    30
    30分足
    PERIOD_H1
    60
    1時間足
    PERIOD_H4
    240
    4時間足
    PERIOD_D1
    1440
    日 足
    PERIOD_W1
    10080
    週 足
    PERIOD_MN1
    43200
    月 足
  • int ma_period
    移動平均線の値を計算する期間を指定します。
  • int ma_shift
    標準偏差の表示を右方向にシフト(ずらす)するバーの個数を指定します。
  • int ma_method
    以下の表に従って、移動平均線の種類を指定します。

    種 類
    定 数
    内 容
    MODE_SMA
    単純移動平均線
    MODE_EMA
    指数移動平均線
    MODE_SMMA
    平滑移動平均線
    MODE_LWMA
    線形加重移動平均線
  • int applied_price
    以下の表に従って、標準偏差の値の計算に使用する価格データを指定します。

    種 類
    定 数
    内 容
    PRICE_CLOSE
    終 値
    PRICE_OPEN
    始 値
    PRICE_HIGH
    高 値
    PRICE_LOW
    安 値
    PRICE_MEDIAN
    中央値

    (高値+安値)÷2
    PRICE_TYPICAL
    代表値

    (高値+安値+終値)÷3
    PRICE_WEIGHTED
    加重終値

    (高値+安値+終値+終値)÷4
  • int shift
    標準偏差の値を取得したいバーの位置を指定します。
    標準偏差の値を取得したいバーが現在のバーであれば「0」、1本前のバーであれば「1」、2本前のバーであれば「2」……と記述します。