【異国のトレジャーキャンペーン】自由にカスタマイズが出来る最強のEAと手法が作れるインジケーターが無料で貰える!

【MQL4勉強プログラミング】EAやインジケーターの開発で自由に作成した配列の標準偏差を取得す方法!

iStdDevOnArray()関数は、ユーザーが自由に作成した配列を基にして、各種移動平均線(単純・指数・平滑・線形加重移動平均線)を中心とした、指定期間における標準偏差の値を取得するために使用します。

iStdDevOnArray()関数は、以下のように定義されています。

double iStdDevOnArray(
double array[],
int total,
int ma_period,
int ma_shift,
int ma_method,
int shift
);

各引数の意味は、以下のとおりです。

  • double array[]
    標準偏差の値を算出する配列名を指定します。
  • int total
    標準偏差の値を算出する配列の要素数を指定します。
    「0」と記述すると、配列全体(=全ての要素)を基にして標準偏差の値を算出します。
  • int ma_period
    移動平均線の値を計算する期間を指定します。
  • int ma_shift
    標準偏差の表示を右方向にシフト(ずらす)するバーの個数を指定します。
  • int ma_method
    以下の表に従って、移動平均線の種類を指定します。

    種 類
    定 数
    内 容
    MODE_SMA
    単純移動平均線
    MODE_EMA
    指数移動平均線
    MODE_SMMA
    平滑移動平均線
    MODE_LWMA
    線形加重移動平均線
  • int shift
    標準偏差の値を取得したいバーの位置を指定します。
    標準偏差の値を取得したいバーが現在のバーであれば「0」、1本前のバーであれば「1」、2本前のバーであれば「2」……と記述します。

注意点

iStdDev()関数とは異なって、iStdDevOnArray()関数は、通貨ペア名や時間軸や適用価格のデータを取得しません。

したがって、iStdDevOnArray()関数で標準偏差の値を算出するためには、あらかじめ価格データを用意しておかなければなりません。

標準偏差は、左から右へ(=古い価格データから新しい価格データに向かって)計算されます。右から左へ(=新しい価格データから古い価格データに向かって)標準偏差を計算するためには、ArraySetAsSeries()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)を使います。