iADX()

 iADX()関数は、ADX(Average Directional Movement Index)及び+DI(Plus Directional Indicator)・-DI(Minus Directional Indicator)の値を取得するために使用します。

 iADX()関数は、以下のように定義されています。

double iADX(
string symbol,
int timeframe,
int period,
int applied_price,
int mode,
int shift
);

 各引数の意味は、以下のとおりです。

  • string symbol
    ADXの値を計算する通貨ペア名を指定します。
    通貨ペア名は、「気配値表示ウィンドウ」に表示されているとおりに記述します。
    特定の通貨ペア名を指定せず、EA等を適用したチャートの通貨ペアのADXの値を取得したい場合は、「NULL」と記述します。
  • int timeframe
    以下の表に従って、ADXの値を計算する時間軸を指定します。

    timeframeの種類

    種 類
    定 数
    内 容
    PERIOD_CURRENT
    現在の時間足
    PERIOD_M1
    1分足
    PERIOD_M5
    5分足
    PERIOD_M15
    15
    15分足
    PERIOD_M30
    30
    30分足
    PERIOD_H1
    60
    1時間足
    PERIOD_H4
    240
    4時間足
    PERIOD_D1
    1440
    日 足
    PERIOD_W1
    10080
    週 足
    PERIOD_MN1
    43200
    月 足
  • int period
    ADXの値を計算する期間を指定します。
    通常は「14」です。
  • int applied_price
    以下の表に従って、ADXの計算に使用する価格データを指定します。

    計算に使用する価格データの種類

    種 類
    定数
    内 容
    PRICE_CLOSE
    終 値
    PRICE_OPEN
    始 値
    PRICE_HIGH
    高 値
    PRICE_LOW
    安 値
    PRICE_MEDIAN
    中央値

    (高値+安値)÷2
    PRICE_TYPICAL
    代表値

    (高値+安値+終値)÷3
    PRICE_WEIGHTED
    加重終値

    (高値+安値+終値+終値)÷4
  • int mode
    ライン番号を指定します。
    ADXの値を取得したい場合は「」と記述します。
    +DIの値を取得したい場合は「」と記述します。
    -DIの値を取得したい場合は「」と記述します。
  • int shift
    ADX及び+DI・-DIの値を取得したいバーの位置を指定します。
    ADX及び+DI・-DIの値を取得したいバーが現在のバーであれば「」、1本前のバーであれば「」、2本前のバーであれば「」……と記述します。

具体例

 2本前のバーの+DIの値が2本前のバーの-DIの値以下で、1本前のバーの+DIの値が1本前のバーの-DIの値よりも大きく、かつ、1本前のバーのADXの値が25以上であれば、買いエントリーしたい場合は、以下のように記述します(ADXのパラメーター:計算期間「14」、計算に使用する価格データ「終値」)。


double Plus_DI_1  = iADX(NULL,0,14,0,1,1);
double Plus_DI_2  = iADX(NULL,0,14,0,1,2);
double Minus_DI_1 = iADX(NULL,0,14,0,2,1);
double Minus_DI_2 = iADX(NULL,0,14,0,2,2);
double ADX_1      = iADX(NULL,0,14,0,0,1);

if(Plus_DI_2 <= Minus_DI_2 && Plus_DI_1 > Minus_DI_1
   && ADX_1 >= 25)
  {
   int Ticket
   = OrderSend(Symbol(),OP_BUY,0.1,Ask,10,0,0,
               NULL,1359,0,Magenta);
  }
  • OrderSend()関数の詳細については「こちら」を参照してください。
  • Symbol()関数の詳細については「こちら」を参照してください。
  • Askの詳細については「こちら」を参照してください。

関連インジケーター

OsMA、ADXを使用したボックスブレイクアウトの発注サポートツール
ボックスブレイクアウト発注くん
ボックスブレイクアウト発注くん | fx-on.com

ボックスブレイクアウト発注くん
ボックスブレイクアウト発注くん | fx-on.com

 上記インジケーター(ボックスブレイクアウト発注くんボックスブレイクアウト発注くん | fx-on.com)の詳細については「こちらボックスブレイクアウト発注くん | fx-on.com」を参照してください。

関連EA

長期運用安全設計ロジック搭載
Beatrice-ADX01
Beatrice-ADX01 | fx-on.com

Beatrice-ADX01
Beatrice-ADX01 | fx-on.com

 上記EA(Beatrice-ADX01Beatrice-ADX01 | fx-on.com)の詳細については「こちらBeatrice-ADX01 | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説