GetTickCount()

 GetTickCount()関数は、システムの稼働が開始してから経過したミリ秒(=1,000分の1秒)単位で計算された時間を取得するために使用します。

 GetTickCount()関数は、以下のように定義されています。

uint GetTickCount();

 GetTickCount()関数には引数がないので、()内には何も記述しません。

戻り値

 システムが稼働してから経過したミリ秒(=1,000分の1秒)単位で計算した時間を返します。

  • マイクロ秒(100万分の1)単位で時間を計測したい場合は「こちら」を参照してください。

注意点

 カウンターは、システムタイマーの制限によって限定されます。時間は符号なしの整数で保存されるので(uint型で表すことのできる数値の範囲は、「0~4,294,967,295」です。)、コンピューターが途切れずに稼働された場合、49.7日ごとにデータの保存量はいっぱいになります

具体例

 一定の処理の実行にかかる時間を「ターミナルウィンドウ」に表示させたい場合は、以下のように記述します。


#property strict

#property show_confirm

void OnStart()
{
  uint start = GetTickCount();
  //一定の処理の実行
  ……
  Print(“Calculation time is “,
        GetTickCount() – start,” miliseconds.”);
}

関連ツール

インジケーターつくーる

インジケーターつくーる
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもインジケーター開発が可能に
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもインジケーター開発が可能に?|?fx-on.com

GogoJungleで購入する

 プログラミングの知識がなくても、ほぼマウスで選ぶだけで独自のインジケーターを作成することができるツールです。

 以下は、「インジケーターつくーる」の紹介動画です。

EAつくーる

『EAつくーる』
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!?|?fx-on.com

GogoJungleで購入する

 MT4で作動するEAをプログラミング不要で作成するためのツールです。

特 徴

  • インジケーターを組み合わせることで、EAを簡単に作ることができます。
    インジケーターは、MT4に標準で装備されているもののほか、市販のものも使用することができます
  • EAはmq4ファイルで作成されるので、mqlの学習にも役立ちます。
  • 作成したEAの著作権は本ツールを使用してEAを作成した本人に属し、販売なども自由です
  • シンプルなロジックのEAから高度なオプション付きのEAまで、簡単に作成することができます。

セット

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売?|?fx-on.com

GogoJungleで購入する

 「インジケーターつくーる」と「EAつくーる」をそれぞれ単品で購入すると、合計34,600円(税込)必要となるところ、両者をセット購入することによって、13%OFFの29,800円(税込)で購入することができます。