ChartOpen()

 ChartOpen()関数は、指定した通貨ペアと時間軸で新規にチャートを開くために使用します。

 ChartOpen()関数による命令は、チャートメッセージキューに追加され、ChartOpen()関数による命令がなされる以前のキューがすべて終了してから実行されます

 ChartOpen()関数は、以下のように定義されています。

long ChartOpen(
string symbol,
ENUM_TIMEFRAMES period
);

 各引数の意味は、以下のとおりです。

  • string symbol
    新規に開きたいチャートの通貨ペア名を指定します。
    NULL」と指定した場合は、EAが適用されている現在のチャートの通貨ペアを指定したことになります。
  • ENUM_TIMEFRAMES period
    以下の表に従って、新規に開きたいチャートの時間軸を指定します。

    timeframeの種類

    種 類
    定 数
    内 容
    PERIOD_CURRENT
    現在の時間足
    PERIOD_M1
    1分足
    PERIOD_M5
    5分足
    PERIOD_M15
    15
    15分足
    PERIOD_M30
    30
    30分足
    PERIOD_H1
    60
    1時間足
    PERIOD_H4
    240
    4時間足
    PERIOD_D1
    1440
    日 足
    PERIOD_W1
    10080
    週 足
    PERIOD_MN1
    43200
    月 足

戻り値

  • ChartOpen()関数が正常に実行された場合
    新規に開いたチャートのチャートIDが返されます。
  • エラーが生じた場合
    」が返されます。

 エラーの詳細を取得したい場合は、GetLastError()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)を使用します。

注意点

 同時に開くことのできるチャートの数(=100)を超える場合は、新規にチャートを開くことはできません。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com)の詳細については「こちらEAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説