AccountCredit()

 AccountCredit()関数は、取引口座のクレジット額(=FX業者から借りている金額)を取得するために使用します。

 例えば、「XM」に口座を開設して入金すると、一定の金額がボーナスとして付与され、取引資金として使用することができますが、当該ボーナス額がクレジット額となります。

 AccountCredit()関数は、以下のように定義されています。

double AccountCredit();

 AccountCredit()関数には引数がないので、()内には何も記述しません。

戻り値

 取引口座のクレジット額が返されます。

具体例

取引口座のクレジット額を「ターミナルウィンドウ」に表示させたい場合は、以下のように記述します。


Print(“Account Credit = “,AccountCredit());

関連手法

資金管理を使ってFXの負けを勝ちに変える
正しい資金管理を使えばFXの負けが勝ちになる
正しい資金管理を使えばFXの負けが勝ちになる?|?fx-on.com

GogoJungleで購入する

 「勝率に依存することなく適切な枚数でトレードすることによって利益を増やしていく手法です。