【異国のトレジャーキャンペーン】自由にカスタマイズが出来る最強のEAと手法が作れるインジケーターが無料で貰える!

【MQL4勉強プログラミング】EAがドロップされたチャートウィンドウのY軸の値(ピクセル単位)を取得する方法

WindowYOnDropped()関数は、EA又はスクリプトがドロップされたチャートウィンドウのY軸の値(ピクセル単位)を取得するために使用します。

WindowYOnDropped()関数は、以下のように定義されています。

int WindowYOnDropped();

WindowYOnDropped()関数には引数がないので、()内には何も記述しません。

戻り値

EA又はスクリプトがドロップされたチャートウィンドウのY軸の値(ピクセル単位)が返されます(なお、チャートウィンドウの上端が「0」となります。)。

この値は、EA又はスクリプトがチャートにドラッグアンドドロップによって適用された場合にのみ有効となります。

具体例

EAがドロップされた位置を「ターミナルウィンドウ」のエキスパートタブに出力したい場合は、以下のように記述します。


Print("EA dropped at point x = ",WindowXOnDropped(),
      " y = ",WindowYOnDropped());
  • Print()関数の詳細については「こちら」を参照してください。
  • WindowXOnDropped()関数の詳細については「こちら」を参照してください。