初心者から上級者まで嬉しい特典!2つのEAとインジケーターを無料でプレゼント中!詳しくは こちら

【MQL4勉強プログラミング】アラートを表示させるのに使うAlert()関数とは?

Alert()関数は、以下のようなポップアップアラート(メッセージ)を表示させるために使用します。

alert-mt4

Alert()関数は、以下のように定義されています。

void Alert(
argument,

);

引数の意味は、以下のとおりです。

  • argument
    ポップアップアラートで表示させたい値(=情報)を指定します。
    カンマで区切ることによって、64個まで値を指定することができます。
    情報を複数行に分けて表示させたい場合は、「\r\n」を使用します。

戻り値

Alert()関数はvoid型なので、戻り値はありません。

ikokuno-senshi-EA

注意点

配列は、要素ごとに指定しなければ、Alert()関数に渡すことはできません。

double型の値は小数点以下8桁、float型の値は小数点以下5桁で表示されます。それ以外の桁数で数値を表示させたい場合は、DoubleToStr()関数を使用します。

bool型の値は「ture」又は「false」の文字列で表示されます。

日時は「YYYY.MM.DD. HH:MI:SS」という形式で表示されます。それ以外の形式で表示させたい場合は、TimeToStr()関数を使用します。

Alert()関数は、ストラテジーテスターでは実行されません。