TimeCurrent()

 TimeCurrent()関数は、「気配値表示ウィンドウ」の最上部に表示されている時刻を取得するために使用します。

 時刻は、取引サーバーを基準とし、使用しているPCの設定には依存しません

 TimeCurrent()関数は、以下のように定義されています。

datetime TimeCurrent();

 TimeCurrent()関数には引数がないので、()内には何も記述しません。

注意点

 ミリ秒(=1,000分の1秒)単位の高精度の時刻データを利用したい場合は、GetTickCount()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)を使用します。

 ストラテジーテスターでバックテストを行う際には、TimeCurrent()関数は、ヒストリカルデータに基づいてシミュレートされます。

  • 使用しているPCの設定を基準とした時刻を取得したい場合は「こちら」を参照してください。

関連EA

日本時間の朝の動きに注目しました。
Morning_Limited
Morning_Limited | fx-on.com

Morning_Limited
Morning_Limited | fx-on.com

 上記EA(Morning_LimitedMorning_Limited | fx-on.com)の詳細については「こちらMorning_Limited | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説