SetIndexBuffer()

 SetIndexBuffer()関数は、各インジケーターバッファーを、インジケーターバッファー領域に割り当てるために使用します。

 バッファーとは、データを一時的に蓄える記憶領域のことをいいます。

 SetIndexBuffer()関数は、以下のように定義されています。

bool SetIndexBuffer(
int index,
double buffer[]
);

 各引数の意味は、以下のとおりです。

  • int index
    インジケーターバッファーのインデックスを指定します。
    インデックスのナンバリングはから始まり、その数値は、#property indicator_buffersで宣言した値よりも小さくなければいけません
    このインデックスは、「指標バッファのインデックス」、又は「ライン番号」と呼ばれます。
  • double buffer[]
    インジケーターバッファーの配列名を指定します。

具体例

 インジケーターバッファーをインジケーターバッファー領域に割り当てるには、以下のように記述します。


#property indicator_buffers 1

double Buffer[];

int init()
{
 SetIndexBuffer(0,Buffer);
 ……
 return(0);
}

関連ツール

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説