OrderPrint()

 OrderPrint()関数は、選択した注文の明細をターミナルウィンドウのエキスパートタブに出力するために使用します。

 明細の出力は、以下の書式に従って行われます。

チケット番号;約定時間;注文種別;ロットサイズ;約定価格;損切り価格;利益確定価格;決済時刻;決済価格;手数料;
スワップ;損益;コメント;マジックナンバー;
待機注文の有効期限

 OrderPrint()関数は、以下のように定義されています。

void OrderPrint();

 OrderPrint()関数には引数がないので、()内には何も記述しません。

注意点

 OrderPrint()関数を使用するためには、あらかじめOrderSelect()関数で注文を選択していなければなりません。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説