MathFloor()

 MathFloor()関数は、小数点以下の数値を切り捨てて、整数値に丸めるために使用します。

 MathFloor()関数は、以下のように定義されています。

double MathFloor(
double val
);

 引数の意味は、以下のとおりです。

  • double val
    小数点以下の数値を切り捨てて、整数値に丸めたい数値を指定します。

具体例

「2.8」と「-2.8」をMathFloor()関数を使用して整数値に丸めると、以下のようになります。


double x = MathFloor(2.8);
Print(“The Floor of x is “,x);
//「2」が出力される

double y = MathFloor(-2.8);
Print(“The Floor of y is “,y);
//「-3」が出力される
  • Ptint()関数の詳細については「こちら」を参照してください。

注意点

 具体例で示したように、引数にの数値を指定すると、その値はの方向に丸められます

  • 少数点以下の数値を切り上げて、整数値に丸めたい場合は「こちら」を参照してください。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説