iStdDevOnArray()

 iStdDevOnArray()関数は、ユーザーが自由に作成した配列を基にして、指定期間における標準偏差の値を取得するために使用します。

 iStdDevOnArray()関数は、以下のように定義されています。

double iStdDevOnArray(
double array[],
int total,
int ma_period,
int ma_shift,
int ma_method,
int shift
);

 各引数の意味は、以下のとおりです。

  • double array[]
    標準偏差の値を算出する配列名を指定します。
  • int total
    標準偏差の値を算出する配列の要素数を指定します。
    「0」と記述すると、配列全体(=全ての要素)を基にして標準偏差の値を算出します。
  • int ma_period
    標準偏差の値を算出する際に使用する平均値を計算する期間を指定します。
  • int ma_shift
    標準偏差の表示を右方向にシフト(ずらす)するバーの個数を指定します。
  • int ma_method
    以下の表に従って、標準偏差の値を算出する際に使用する平均値の計算方法を指定します。

    種 類
    定 数
    内 容
    MODE_SMA
    単純移動平均線
    MODE_EMA
    指数移動平均線
    MODE_SMMA
    平滑移動平均線
    MODE_LWMA
    線形加重移動平均線
  • int shift
    標準偏差の値を取得したいバーの位置を指定します。
    標準偏差の値を取得したいバーが現在のバーであれば「」、1本前のバーであれば「」、2本前のバーであれば「」……と記述します。

戻り値

 第1引数で指定した配列に格納されているデータを基にした、標準偏差の値が返されます。

注意点

 iStdDev()関数とは異なって、iStdDevOnArray()関数は、通貨ペア名や時間軸や適用価格のデータを取得しません

 したがって、iStdDevOnArray()関数で標準偏差の値を算出するためには、あらかじめ価格データを用意しておかなければなりません

 標準偏差は、左から右へ(=古い価格データから新しい価格データに向かって)計算されます。右から左へ(=新しい価格データから古い価格データに向かって)標準偏差を計算するためには、ArraySetAsSeries()関数を使用します。

関連ツール

インジケーターつくーる

インジケーターつくーる
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもインジケーター開発が可能に
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもインジケーター開発が可能に?|?fx-on.com

GogoJungleで購入する

 プログラミングの知識がなくても、ほぼマウスで選ぶだけで独自のインジケーターを作成することができるツールです。

 以下は、「インジケーターつくーる」の紹介動画です。

EAつくーる

『EAつくーる』
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!?|?fx-on.com

GogoJungleで購入する

 MT4で作動するEAをプログラミング不要で作成するためのツールです。

特 徴

  • インジケーターを組み合わせることで、EAを簡単に作ることができます。
    インジケーターは、MT4に標準で装備されているもののほか、市販のものも使用することができます
  • EAはmq4ファイルで作成されるので、mqlの学習にも役立ちます。
  • 作成したEAの著作権は本ツールを使用してEAを作成した本人に属し、販売なども自由です
  • シンプルなロジックのEAから高度なオプション付きのEAまで、簡単に作成することができます。

セット

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売?|?fx-on.com

GogoJungleで購入する

 「インジケーターつくーる」と「EAつくーる」をそれぞれ単品で購入すると、合計34,600円(税込)必要となるところ、両者をセット購入することによって、13%OFFの29,800円(税込)で購入することができます。