ArraySetAsSeries()

 ArraySetAsSeries()関数は、指定した配列を通常の配列から時系列配列(=最新のバーから古いバーに向けて要素にインデックスが振られる配列)に変換する(又はその逆を行う)ために使用します。

 ArraySetAsSeries()関数は、以下のように定義されています。

bool ArraySetAsSeries(
const void& array[],
bool flag
);

 各引数の意味は、以下のとおりです。

  • const void& array[]
    変換(=インデックスの振り直し)を行いたい配列名を指定します。
  • bool flag
    インデックスを振る方向を指定します。
    true」とした場合は、最新のバーから古いバーに向けて、第一引数で指定した配列の要素にインデックスが振られます。
    false」とした場合は、古いバーから最新のバーに向けて、第一引数で指定した配列の要素にインデックスが振られます。

戻り値

 変換が成功した場合は「true」を返し、変換が失敗した場合は「false」を返します。

注意点

 多次元配列や静的配列には適用することができません

 時系列配列は、通常の配列とは異なって、最新のバーから古いバーに向けて要素にインデックスが振られます

Time Series Array
時系列配列

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com)の詳細については「こちらEAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説