指定したレートになったらメールを送信する

 MetaTrader4(MT4)では、プログラムを書かなくても、指定した通貨ペアで指定したレートになった場合に、指定したアドレスにメールを送信して知らせることができます

 そこで、以下では、上記機能を実現するための設定方法について解説します。

 なお、あらかじめMT4においてメール送信機能を有効にしておく必要があります。その方法の詳細については「こちら」を参照してください。

1.ターミナルウィンドウを開く

 まず、「ツールバー」上の「Terminalアイコンをクリックして「ターミナルウィンドウ」を開きます。

Terminal Icon
「ツールバー」上の「Terminal」アイコンをクリック
Terminal Window
MT4下部に「ターミナルウィンドウ」が表示される

2.アラーム設定ダイアログボックスを開く

 「ターミナルウィンドウ」の「アラーム設定タブをクリックしたうえで、「ターミナルウィンドウ」上で右クリックすると表示されるメニューのうち、「作成」をクリックして、「アラーム設定ダイアログボックスを開きます。

Alerm Menu
「アラーム設定」タブをクリック→「ターミナルウィンドウ」上で右クリック→「作成」をクリック
Alerm Setting Dialog
「アラーム設定」ダイアログボックスが表示される

3.メールを送信する条件を設定する

 「アラーム設定」ダイアログボックスの適宜の箇所にメールを送信する条件を設定していきます。

 例えば、「ドル円」のレート(Bid)が「120.000」を下回ったら「USD/JPY Bid < 120.000」という件名で、メールを「3分間隔」で最大「3回」反復して送信したい場合は、以下のように設定します(条件判定の期限は無期限)。

Mail Alert Setting
メール送信の条件を設定

4.テストする

 メール送信の条件設定が完了したら、「テストボタンをクリックします。

 テスト送信が成功すると、メールの送信が成功した旨の記述のあるポップアップウィンドウが表示され、送信先のアドレスに「Client Terminal から指定した件名でメールが届きます

Test Mail Alert
「テスト」ボタンをクリック
Test Successful Message
メール送信が成功した旨のポップアップウィンドウが表示される
Accept Test Mail
「Client Terminal」から指定した件名のメールが届く

5.設定を完了する

 テストが成功したら、「アラート設定」ダイアログボックスの「OKボタンをクリックします。

Setting OK
「OK」ボタンをクリック

 そうすると、「ターミナルウィンドウ」の「アラーム設定タブに、メール送信の条件が表示されます。

Mail Alert Setting Complete
「ターミナルウィンドウ」の「アラーム設定」タブに、メール送信の条件が表示される

 以上で終了です。

6.関連ツール

プロトレーダ「イサム」が開発したサインツールに裁量ルールを加えた初心者用のトレードツールです
イサムベーシックアラート
イサムベーシックアラート | fx-on.com

イサムベーシックアラート
イサムベーシックアラート | fx-on.com

 上記ツール(イサムベーシックアラートイサムベーシックアラート | fx-on.com)の詳細については「こちらイサムベーシックアラート | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説