StringFind()

 StringFind()関数は、指定した文字列に含まれる、一定の文字列(=部分文字列)の位置を取得するために使用します。

 StringFind()関数は、以下のように定義されています。

int StringFind(
string string_value,
string match_substring,
int start_pos=0
);

 各引数の意味は、以下のとおりです。

  • string string_value
    部分文字列の位置を検索する対象となる文字列を指定します。
  • string match_substring
    検索する部分文字列を指定します。
  • int start_pos
    部分文字列の検索を開始する位置を指定します。
    検索を開始する位置は、「」から始まります。

戻り値

 第一引数で指定した文字列の中における、第二引数で指定した部分文字列の位置を返します。

 第一引数で指定した文字列の中に、第二引数で指定した部分文字列がなかった場合は、「-1」を返します。

具体例


int start()
{
 string text =
 ”The quick brown dog jumps over the lazy fox.”;
 //文字列型の変数「text」に文字列を代入

 int index = StringFind(text,”dog jumps over”,0);
 //StringFind()関数で「dog jumps over」の位置を検索

 Print(“Index=”,index);
 //「ターミナルウィンドウ」に「Index=16」と表示される

 return(0):
}
  • Print()関数の詳細については「こちら」を参照してください。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com)の詳細については「こちらEAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説