ObjectCreate()

 ObjectCreate()関数は、オブジェクトを作成・生成するために使用します。

 ObjectCreate()関数は、以下のように定義されています。

bool ObjectCreate(
long chart_id,
string object_name,
ENUM_OBJECT object_type,
int sub_window,
datetime time1,
double price1,

datetime timeN=0,
double priceN=0
);

又は、

bool ObjectCreate(
string object_name,
ENUM_OBJECT object_type,
int sub_window,
datetime time1,
double price1,
datetime time2=0,
double price2=0,
datetime time3=0,
double price3=0
);

 各引数の意味は、以下のとおりです。

  • long chart_id
    チャートIDを指定します。
  • string object_name
    描画させるオブジェクトの名前を指定します。
    名前は、オブジェクトを描画させる同じチャートウィンドウ(サブウィンドウを含む。)内において、複数のオブジェクト間で重複しないようにします
  • ENUM_OBJECT object_type
    以下の表に従って、描画させるオブジェクトの種類を指定します。

    定 数
    内 容
    OBJ_VLINE垂直線
    OBJ_HLINE水平線
    OBJ_TRENDトレンドライン
    OBJ_TRENDBYANGLE角度によるトレンドライン
    OBJ_CYCLESサイクルライン
    OBJ_CHANNELチャネル
    OBJ_STDDEVCHANNEL標準偏差チャネル
    OBJ_REGRESSION線形回帰
    OBJ_PITCHFORKアンドリュース・ピッチフォーク
    OBJ_GANNLINEギャンライン
    OBJ_GANNFANギャンファン
    OBJ_GANNGRIDギャングリッド
    OBJ_FIBOフィボナッチリトレースメント
    OBJ_FIBOTIMESフィボナッチタイムゾーン
    OBJ_FIBOFANフィボナッチファン
    OBJ_FIBOARCフィボナッチ円弧
    OBJ_FIBOCHANNELフィボナッチチャネル
    OBJ_EXPANSIONフィボナッチ拡張
    OBJ_RECTANGLE長方形
    OBJ_TRIANGLE三角形
    OBJ_ELLIPSE楕円
    OBJ_ARROW_THUMB_UPサムズアップ
    OBJ_ARROW_THUMB_DOWNサムズダウン
    OBJ_ARROW_UP上矢印
    OBJ_ARROW_DOWN下矢印
    OBJ_ARROW_STOPストップサイン
    OBJ_ARROW_CHECKチェックサイン
    OBJ_ARROW_LEFT_PRICE価格ラベル(左側)
    OBJ_ARROW_RIGHT_PRICE価格ラベル(右側)
    OBJ_ARROW_BUY買いサイン
    OBJ_ARROW_SELL売りサイン
    OBJ_ARROW矢印
    OBJ_TEXTテキスト
    OBJ_LABELラベル
    OBJ_BUTTONボタン
    OBJ_BITMAPビットマップ
    OBJ_BITMAP_LABELビットマップラベル
    OBJ_EDIT編集枠
    OBJ_EVENT経済指標カレンダーに反応するイベントオブジェクト
    OBJ_RECTANGLE_LABELカスタムグラフィカルインターフェースを作成したりデザインするオブジェクト
  • int sub_window
    オブジェクトを描画させるウィンドウのウィンドウ番号を指定します。
    メインのチャートウィンドウにオブジェクトを描画させたい場合は「0」と記述します。
    ウィンドウ番号は、「以上WindowsTotal()関数で取得される値未満となります。
    オブジェクトを表示させるウィンドウが存在しない場合は、「false」が返されます。
    なお、WindowsTotal()関数の詳細については「こちら」を参照してください。
  • datetime time1
    オブジェクトの1点目の位置X軸の位置)を時間で指定します。
  • double price1
    オブジェクトの1点目の位置Y軸の位置)を価格で指定します。
  • datetime time2=0
    オブジェクトの2点目の位置X軸の位置)を時間で指定します。
  • double price2=0
    オブジェクトの2点目の位置Y軸の位置)を価格で指定します。
  • datetime time3=0
    オブジェクトの3点目の位置X軸の位置)を時間で指定します。
  • double price3=0
    オブジェクトの3点目の位置Y軸の位置)を価格で指定します。
  • datetime timeN=0
    オブジェクトのN点目の位置X軸の位置)を時間で指定します。
  • double priceN=0
    オブジェクトのN点目の位置Y軸の位置)を価格で指定します。

戻り値

 オブジェクトが正常に生成された場合は「true」を返し、エラーが生じた場合は「false」を返します。

 エラーのより詳細な情報を取得したい場合は、GetLastError()関数を使用します。

注意点

 オブジェクトの名前は、63文字を超えることはできません。また、異なる文字コード体系を使用しているユーザー間でプログラムを配布する場合は、オブジェクトの名前は、ラテン文字を使用することが強く推奨されます

 「OBJECT_LABEL」タイプのオブジェクトは、座標を無視するので、当該オブジェクトの描画位置を指定するためには、ObjectSet()関数を使用します。

 メインのチャートウィンドウのウィンドウ番号は」となり、インジケーターが描画されているサブウィンドウのウィンドウ番号はから始まります

 オブジェクトが描画される座標は、時間価格のペアで指定されなければなりません。例えば、「OBJ_VLINE」タイプは、「時間」を指定するだけで位置を指定することはできますが、「価格」(どのような値でも可)も併せて渡さなければなりません。

関連ツール

インジケーターつくーる

インジケーターつくーる
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもインジケーター開発が可能に
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもインジケーター開発が可能に?|?fx-on.com

GogoJungleで購入する

 プログラミングの知識がなくても、ほぼマウスで選ぶだけで独自のインジケーターを作成することができるツールです。

 以下は、「インジケーターつくーる」の紹介動画です。

EAつくーる

『EAつくーる』
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!?|?fx-on.com

GogoJungleで購入する

 MT4で作動するEAをプログラミング不要で作成するためのツールです。

特 徴

  • インジケーターを組み合わせることで、EAを簡単に作ることができます。
    インジケーターは、MT4に標準で装備されているもののほか、市販のものも使用することができます
  • EAはmq4ファイルで作成されるので、mqlの学習にも役立ちます。
  • 作成したEAの著作権は本ツールを使用してEAを作成した本人に属し、販売なども自由です
  • シンプルなロジックのEAから高度なオプション付きのEAまで、簡単に作成することができます。

セット

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売?|?fx-on.com

GogoJungleで購入する

 「インジケーターつくーる」と「EAつくーる」をそれぞれ単品で購入すると、合計34,600円(税込)必要となるところ、両者をセット購入することによって、13%OFFの29,800円(税込)で購入することができます。