ArrayResize()

 ArrayResize()関数は、配列の最初の次元のサイズを変更するために使用します。

 ArrayResize()関数は、以下のように定義されています。

int ArrayResize(
void array[],
int new_size,
int reserve_size=0
);

 各引数の意味は、以下のとおりです。

  • void array[]
    サイズを変更する配列名を指定します。
  • int new_size
    変更後の配列のサイズを指定します。
  • int reserve
    変更後の配列のデータを保存する物理メモリのサイズを指定します。
    当該引数は選択的なものなので、省略することができます。

戻り値

  • 配列のサイズ変更が成功した場
    サイズ変更後の配列の要素数を返します。
  • 配列のサイズ変更が成功しなかった場合
    -1」を返して、配列のサイズは変更されません。

注意点

 ArrayResize()関数は、動的配列にのみ適用することができます。

 ただし、SetIndexBuffer()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)によってインジケーターバッファーとして割り当てられた動的配列は、ArrayResize()関数によって配列のサイズを変更することはできません。

 また、配列の全要素数は「2147483647」を超えることはできません。

 頻繁にArrayResize()関数を使用する場合は、プログラムの実行速度を速くするために、第三引数を使用することが推奨されます。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com)の詳細については「こちらEAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説