多次元配列

1.多次元配列とは

 多次元配列(Multi-dimensional Array)とは、配列の中に配列を定義(=配列そのものを要素として定義)している配列をいいます。

 例えば、以下のようなものです。


int ma[2][3];

 上記のような配列を、2次元配列といいます。

 また、以下のような配列を、3次元配列といいます。


int ma[2][3][4];

2.宣言の仕方

 多次元配列の宣言は、以下のように記述して行います。

型名 配列名[要素数1][要素数2] …;

 多次元配列の各要素の値の初期化は、以下のように記述して行います(2次元配列を例とします。)。


int ma[2][3] = {{1,2,3},{4,5,6}};

 上記は、以下のように記述したのと、同様となります。


int ma[2][3];

ma[0][0] = 1;
ma[0][1] = 2;
ma[0][2] = 3;
ma[1][0] = 4;
ma[1][1] = 5;
ma[1][2] = 6;

 また、以下のように記述することもできます。


int ma[2][3] = {{1,2,3},{4,5,6}};

 上記のような2次元配列は、以下に示すように、エクセルにおける表のようにイメージすると分かりやすいと思います。

multidimensional-array-image

3.具体例

 例えば、以下のようなスクリプトを作成したとします(スクリプトの作成方法については「こちら」を参照してください。)。


#property strict

#property show_cnfirm

void OnStart()
{
  int ma[2][3] = {{1,2,3},{4,5,6}};
  
  for(int i = 0; i < 2; i++)
     {
       for(int j = 0; j < 3; j++)
          {
            Print("ma[",i,"][",j,"] = ",ma[i][j]);
          }
     }
}

 上記のスクリプトを実行すると、「ターミナルウィンドウ」の「エキスパートタブに、以下のような表示がなされます。


ma[1][2] = 6
ma[1][1] = 5
ma[1][0] = 4
ma[0][2] = 3
ma[0][1] = 2
ma[0][0] = 1

4.関連ツール

インジケーターつくーる

インジケーターつくーる
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもインジケーター開発が可能に
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもインジケーター開発が可能に?|?fx-on.com
fx-onで購入する

 プログラミングの知識がなくても、ほぼマウスで選ぶだけで独自のインジケーターを作成することができるツールです。

 以下は、「インジケーターつくーる」の紹介動画です。

EAつくーる

『EAつくーる』
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!?|?fx-on.com
fx-onで購入する

 MT4で作動するEAをプログラミング不要で作成するためのツールです。

特 徴

  • インジケーターを組み合わせることで、EAを簡単に作ることができます。
    インジケーターは、MT4に標準で装備されているもののほか、市販のものも使用することができます
  • EAはmq4ファイルで作成されるので、mqlの学習にも役立ちます。
  • 作成したEAの著作権は本ツールを使用してEAを作成した本人に属し、販売なども自由です
  • シンプルなロジックのEAから高度なオプション付きのEAまで、簡単に作成することができます。

セット

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売?|?fx-on.com
fx-onで購入する

 「インジケーターつくーる」と「EAつくーる」をそれぞれ単品で購入すると、合計34,600円(税込)必要となるところ、両者をセット購入することによって、13%OFFの29,800円(税込)で購入することができます。