多次元配列

1.多次元配列とは

 多次元配列とは、配列の中に配列を定義(=配列そのものを要素として定義)している配列をいいます。

 例えば、以下のようなものです。


int ma[2][3];

 上記のような配列を、2次元配列といいます。

 また、以下のような配列を、3次元配列といいます。


int ma[2][3][4];

2.宣言の仕方

 多次元配列の宣言は、以下のように記述して行います。

型名 配列名[要素数1][要素数2] …;

 多次元配列の各要素の値の初期化は、以下のように記述して行います(2次元配列を例とします。)。


int ma[2][3] = {{1,2,3},
                        {4,5,6}
                       };

 上記は、以下のように記述したのと、同様となります。


int ma[2][3];

ma[0][0] = 1;
ma[0][1] = 2;
ma[0][2] = 3;
ma[1][0] = 4;
ma[1][1] = 5;
ma[1][2] = 6;

 また、以下のように記述することもできます。


int ma[2][3] = {{1,2,3},{4,5,6}};

 上記のような2次元配列は、以下に示すように、エクセルにおける表のようにイメージすると分かりやすいと思います。

multidimensional-array-image
2次元配列のイメージ

3.具体例

 例えば、以下のようなスクリプトを作成したとします(スクリプトの作成方法については「こちら」を参照してください。)。


#property show_confirm

#property strict

int start()
{
 int ma[2][3] = {{1,2,3},
                         {4,5,6}
                        };

 for(int i = 0; i < 2; i++)
     {
       for(int j = 0; j < 3; j++)
           {
             Print("ma[",i,"][",j,"] = ",ma[i][j]);
           }
     }

 return(0);
}

 上記のスクリプトを実行すると、「ターミナルウィンドウ」の「エキスパート」タブに、以下のような表示がなされます。


ma[1][2] = 6
ma[1][1] = 5
ma[1][0] = 4
ma[0][2] = 3
ma[0][1] = 2
ma[0][0] = 1

4.関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com)の詳細については「こちらEAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説