WindowYOnDropped()

 WindowYOnDropped()関数は、EA又はスクリプトがドロップされたチャートウィンドウのY軸の値(ピクセル単位)を取得するために使用します。

 WindowYOnDropped()関数は、以下のように定義されています。

int WindowYOnDropped();

 WindowYOnDropped()関数には引数がないので、()内には何も記述しません。

戻り値

 EA又はスクリプトがドロップされたチャートウィンドウのY軸の値(ピクセル単位)が返されます(なお、チャートウィンドウの上端が「0」となります。)。

 この値は、EA又はスクリプトがチャートにドラッグアンドドロップによって適用された場合にのみ有効となります。

具体例

 EAがドロップされた位置を「ターミナルウィンドウ」のエキスパートタブに出力したい場合は、以下のように記述します。


Print("EA dropped at point x = ",WindowXOnDropped(),
      " y = ",WindowYOnDropped());
  • Print()関数の詳細については「こちら」を参照してください。
  • WindowXOnDropped()関数の詳細については「こちら」を参照してください。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』


『EAつくーる』

 上記ツール(EAつくーる)の詳細については「こちら」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説