StringSubstr()

 StringSubstr()関数は、一定の文字列の指定した位置から指定した文字数の文字列(=部分文字列)を抜き出すために使用します。

 StringSubstr()関数は、以下のように定義されています。

string StringSubstr(
string string_value,
int start_pos,
int length=0
);

 各引数の意味は、以下のとおりです。

  • string string_value
    部分文字列を抜き出す基となる文字列を指定します。
  • int start_pos
    部分文字列を抜き出し始める位置(=開始位置)を指定します。
    開始位置は「」から始まります。
    したがって、部分文字列を抜き出す基となる文字列の最後の文字の位置は、StringLen()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)で取得される値マイナス1となります。
  • int length
    抜き出す部分文字列の文字数を指定します。
    当該引数に「0」や「0よりも小さい値」を指定し、又は当該引数の設定を省略した場合は、部分文字列を抜き出す基となる文字列の最後の文字まで抜き出します。

戻り値

 抜き出した部分文字列を返します。

具体例

 「The quick brown dog jumps over the lazy fox」という文字列から「quick」という部分文字列を抜き出したい場合は、以下のように記述します。


int start()
{
 string text =
 ”The quick brown dog jumps over the lazy fox”;

 string substr = StringSubstr(text,4,5);

 Print(“substr =”, substr);
 //ターミナルウィンドウに「quick」と表示される

 return(0);
}
  • Print()関数の詳細については「こちら」を参照してください。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com)の詳細については「こちらEAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説