SetLevelStyle()

 SetLevelStyle()関数は、サブウィンドウに描画する水平線の描画スタイル(線種、太さ、色)を指定するために使用します。

 SetLevelStyle()関数は、以下のように定義されています。

void SetLevelStyle(
int draw_style,
int line_width,
color clr
);

 各引数に意味は、以下のとおりです。

  • int draw_style
    以下の表に従って、サブウィンドウに描画する水平線の描画スタイルを指定します。

    描画スタイルの種類

    種 類
    定数
    内 容
    STYLE_SOLID
    実線
    STYLE_DASH
    長音線(― ― ―)
    STYLE_DOT
    短音線(---)
    STYLE_DASHDOT
    長音線と短音線(―-―-)
    STYLE_DASHDOTDOT
    長音線と短音線(―--―--)
  • int line_width
    サブウィンドウに描画する水平線の太さを指定します。
  • color clr
    サブウィンドウに描画する水平線のを指定します。

関連ツール

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説