SetIndexLabel()

 SetIndexLabel()関数は、データウィンドウにインジケーターの描画線の説明を表示させるために使用します。

 具体的には、以下のように表示されます。

Tool Bar Data Window
「ツールバー」上の「Data Window」アイコンをクリック
Data Window
データウィンドウが開き、SetIndexLabel()関数で指定した説明が表示される

 SetIndexLabel()関数は、以下のように定義されています。

void SetIndexLabel(
int index,
string text
);

 各引数の意味は、以下のとおりです。

  • int index
    ライン番号0~7)を指定します。
    ライン番号は、SetIndexBuffer()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)で指定したものと対応させます。
  • string text
    データウィンドウに表示させる説明を指定します。
    データウィンドウに説明を表示させたくない場合は、「NULL」と記述します。

具体例

 ラインとヒストグラムを表示させるインジケーターにおいて、それぞれの説明をデータウィンドウに表示させるためには、以下のように記述します。


#property indicator_buffers 2

#property indicator_color1 Red
#property indicator_color2 Blue

#property indicator_width1 1
#property indicator_width2 1

double Buffer_Line[];
double Buffer_Histogram[];

int init()
{
 SetIndexBuffer(0,Buffer_Line);
 SetIndexBuffer(1,Buffer_Histogram);

 SetIndexStyle(0,DRAW_LINE,STYLE_SOLID);
 SetIndexStyle(1,DRAW_HISTOGRAM,STYLE_SOLID);

 SetIndexLabel(0,”Line”);
 SetIndexLabel(1,”Histogram”);
 ……
 return(0);
}
  • SetIndexBuffer()関数の詳細については「こちら」を参照してください。
  • SetIndexStyle()関数の詳細については「こちら」を参照してください。

関連ツール

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説