Point

 Pointは、提示レートの最小変動単位を格納しているdouble型の変数です。

 具体的には、以下のような値が格納されています。

  • 提示レートが小数点以下2桁の場合
    0.01
  • 提示レートが小数点以下3桁の場合
    0.001
  • 提示レートが小数点以下4桁の場合
    0.0001
  • 提示レートが小数点以下5桁の場合
    0.00001

具体例

 成行きで買い注文を発注する際に、利益確定値を「売り気配値+100ポイント」、損切り値を「売り気配値-50ポイント」としたい場合は、以下のように記述します。


int Ticket
= OrderSend(…,Ask-50*Point,Ask+100*Point,…);
  • OrderSend()関数の詳細については「こちら」を参照してください。
  • Askの詳細については「こちら」を参照してください。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説