Point()

 Point()は、提示レートの最小変動単位を取得するために使用します。

 例えば、提示レートが「100.25」など、小数点以下の桁数が「2」であれば、「0.01」が取得され、提示レートが「1.2345」など、小数点以下の桁数が「4」であれば、「0.0001」が取得されます。

 Point()関数は、以下のように定義されています。

double Point();

 Point()関数には引数がないので、()内には何も記述しません。

 なお、Point()関数で取得される値は、定義済み変数である_Pointでも取得することができます。

  • _Pointの詳細については「こちら」を参照してください。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説