OrderExpiration()

 OrderExpiration()関数は、選択した待機注文の有効期限を取得するために使用します。

 OrderExpiration()関数は、以下のように定義されています。

datetime OrderExpiration();

 OrderExpiration()関数には引数がないので、()内には何も記述しません。

戻り値

 選択した待機注文の有効期限が返されます。

注意点

 OrderExpiration()関数を使用するためには、あらかじめOrderSelect()関数で注文を選択していなければなりません。

具体例

 発注した待機注文の有効期限を「ターミナルウィンドウ」の「エキスパート」タブに表示させたい場合は、以下のように記述します。


#property strict

input int Magic   = 5656; //マジックナンバー
input double Lots = 0.1;  //取引ロット数

int Ticket = 0;

void OnTick()
{
  ……
  if(買いエントリー条件)
    {
      Ticket = OrderSend(Symbol(),OP_BUYLIMIT,Ask,10,0,0,NULL,
                         D'2017.12.29 23:58:59',clrMagenta);
                         
      if(Ticket > 0)
        {
          if(OrderSelect(Ticket,SELECT_BY_TICKET == true)
            {
              Print("Expiration is ",OrderExpiration);
            }
        }
    }
  ……
}

関連ツール

『EAつくーる』
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!?|?fx-on.com

GogoJungleで購入する

 MT4で作動するEAをプログラミング不要で作成するためのツールです。

特 徴

  • インジケーターを組み合わせることで、EAを簡単に作ることができます。
    インジケーターは、MT4に標準で装備されているもののほか、市販のものも使用することができます
  • EAはmq4ファイルで作成されるので、mqlの学習にも役立ちます。
  • 作成したEAの著作権は本ツールを使用してEAを作成した本人に属し、販売なども自由です
  • シンプルなロジックのEAから高度なオプション付きのEAまで、簡単に作成することができます。