OrderCloseTime()

 OrderCloseTime()関数は、選択した注文の決済日時を取得するために使用します。

 OrderCloseTime()関数は、以下のように定義されています。

datetime OrderCloseTime();

 OrderCloseTime()関数には引数がないので、()内には何も記述しません。

戻り値

 選択した注文の決済日時を返します。

 返された値がではなかった場合は、選択した注文がすでに決済されていることを表します。

 保有ポジション(=未決済注文)や待機注文を選択した場合は、「」が返されます。

 したがって、OrderCloseTime()関数の戻り値がか否かを確認することによって、選択した注文が未決済か否かを判別することができます。

注意点

 OrderCloseTime()関数を使用するためには、あらかじめOrderSelect()関数で注文を選択していなければなりません。

  • 選択した注文の約定日時を取得したい場合は「こちら」を参照してください。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説