ObjectName()

 ObjectName()関数は、オブジェクトリストにあるオブジェクトの名前を取得するために使用します。

 ObjectName()関数は、以下のように定義されています。

string ObjectName(
int object_index
);

 引数の意味は、以下のとおりです。

  • int object_index
    名前を取得したいオブジェクトのインデックスを指定します。
    インデックスは、以下の手順で表示されるオブジェクトリストに表示されているオブジェクトに対して、上から順に、、……と割り振られています
    1.チャートウィンドウを右クリック
    2.表示されるメニューの中から「表示中のライン等」をクリック
    オブジェクトのインデックスは、「0」から始まるので、引数に指定する値は、以上ObjectsTotal()関数で取得される値-1以下となります。
    ObjectsTotal()関数の詳細については「こちら」を参照してください。

戻り値

 ObjectName()関数が正常に実行された場合は、引数で指定したインデックスに対応するオブジェクトの名前が返されます。

 エラーが生じた場合に、より詳細なエラーに関する情報を取得したい場合は、GetLastError()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)を使用します。

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売
EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売EAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com)の詳細については「こちらEAつくーる&インジケーターつくーるセット販売 | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説