IndicatorShortName()

 IndicatorShortName()関数は、データウィンドウとサブウィンドウにカスタムインジケーターの名前を表示させるために使用します。

IndicatorShortName()
インジケーター名等が表示される

 IndicatorShortName()関数は、以下のように定義されています。

void IndicatorShortName(
string name
);

 引数の意味は、以下のとおりです。

  • string name
    データウィンドウとサブウィンドウに表示させるカスタムインジケーターの名前を指定します。

具体例

 データウィンドウとサブウィンドウにインジケーター名を表示させるためには、以下のように記述します。


#property indicator_buffers 1

double Buffer[];

int init()
{
 SetIndexBuffer(0,Buffer);
 IndicatorShortName(“Indicator Name”);
 ……
 return(0);
}

 SetIndexBuffer()関数の詳細については「こちら」を参照してください。

関連ツール

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説