iCustom()

 iCustom()関数は、ユーザーが独自に作成したインジケーター(=カスタムインジケーター)の値を取得するために使用します。

 iCustom()関数は、以下のように定義されています。

double iCustom(
string symbol,
int timeframe,
string name,
…,
int mode,
int shift
);

 各引数の意味は、以下のとおりです。

  • string symbol
    カスタムインジケーターの値を計算する通貨ペア名を指定します。
    通貨ペア名は、「気配値表示ウィンドウ」に表示されているとおりに記述します。
    特定の通貨ペアを指定せず、EA等を適用したチャートの通貨ペアのカスタムインジケーターの値を取得したい場合は、「NULL」と記述します。
  • int timeframe
    以下の表に従って、カスタムインジケーターの値を計算する時間軸を指定します。

    timeframeの種類

    種 類
    定 数
    内 容
    PERIOD_CURRENT
    現在の時間足
    PERIOD_M1
    1分足
    PERIOD_M5
    5分足
    PERIOD_M15
    15
    15分足
    PERIOD_M30
    30
    30分足
    PERIOD_H1
    60
    1時間足
    PERIOD_H4
    240
    4時間足
    PERIOD_D1
    1440
    日 足
    PERIOD_W1
    10080
    週 足
    PERIOD_MN1
    43200
    月 足
  • string name
    カスタムインジケーターの名前を指定します。
    インジケーター名は、「”」(=ダブルクォーテーション)で囲んで、「MQL4」→「Indicators」フォルダに格納されている、値を取得したいカスタムインジケーター名のとおりに記述します。

  • カスタムインジケーターのパラメーターを指定します。
    パラメーターは、コンマで区切って、カスタムインジケーターの「パラメーターの入力ダイアログに記載されている順番どおり(上から下へ)に指定します。なお、パラメーターを指定しない場合には、カスタムインジケーターのデフォルト値(=標準値)が使用されます。

    iCustom Parameter Settings
    順番どおりにコンマで区切って記述
  • int mode
    ライン番号を指定します。
    ライン番号は、以下の手順で知ることができます。

    Navigator 01
    「ツールバー」上の「Navigator」アイコンをクリック

    Nvigator Window Tool
    計算分析ツールディレクトリを開く

    iCustom Line Index
    目的のインジケーター名の箇所で右クリック→「修正」をクリック

    SetIndexBuffer-Line Index
    MetaEditorが起動するので、SetIndexBuffer()関数の数値の部分(=ライン番号)を確認する。
  • int shift
    カスタムインジケーターの値を取得したいバーの位置を指定します。
    カスタムインジケーターの値を取得したいバーが現在のバーであれば「」、1本前のバーであれば「」、2本前のバーであれば「」……と記述します。

具体例

 1本前のバーの「Hull Moving Average.mq4」(計算期間と計算に使用する価格データは外部変数としてパラメーター化)の値を取得したい場合は、以下のように記述します。


extern int MA_Period = 20;
extern int Use_Price = 0;

double HMA_1
= iCustom(NULL,0,“Hull Moving Average”,
          MA_Period,Use_Price,3);

関連ツール

MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!
『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

『EAつくーる』
『EAつくーる』 | fx-on.com

 上記ツール(EAつくーる『EAつくーる』 | fx-on.com)の詳細については「こちら『EAつくーる』 | fx-on.com」を参照してください。

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説