オブジェクトを作成する

 MetaTrader4(MT4)では、所定のプログラムを記述することによって、チャート上に図形やテキストなどのオブジェクトを描画させることができます。

1.オブジェクトを作成するには

 オブジェクトは、インジケーターの一部として、メタエディターを使用して、プログラムを記述することになります。

 したがって、オブジェクトを作成する流れは、以下のようになります。

  1. メタエディターを起動する
  2. メインウィンドウを表示させる
  3. プログラムを記述する
  4. コンパイルする
  5. ファイルを所定の箇所に格納する

 詳細は、以下のページを参照してください。

2.プログラムの構成

 オブジェクトを描画させるプログラムは、典型的には、以下のような構成でできています。

  1. オブジェクトを作成する
    ObjectCreate()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)を使用します。
  2. オブジェクトの設定を決める
    ObjectSet()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)を使用します。
  3. オブジェクトを削除する
    ObjectDelete()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)を使用します。

3.関連ツール

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

インジケーターつくーる
インジケーターつくーる | fx-on.com

 上記ツール(インジケーターつくーるインジケーターつくーる | fx-on.com)の詳細については「こちらインジケーターつくーる | fx-on.com」を参照してください。


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説