ストキャスティクス

1.意 味

 ストキャスティクス(Stochastics)とは、ジョージ・レーン(George Lane)氏が開発したインジケーターで、%Kライン、%Dライン、SDラインの3本から構成されており、一定期間の最高値と最安値の範囲内における、現在のレートの最安値からの相対的な位置を見ることによって、買われすぎなのか、売られすぎなのかを見極めるために使用するものです。

 MetaTrader4(MT4)では、「ナビゲータウィンドウ」の「インディケータ」ディレクトリの中の「オシレーター」ディレクトリにおいて、「Stochastic Oscillator」として用意されています。

 また、ストキャスティクスの値をEA等のプログラミングに使用したい場合は、iStochastic()関数(詳細は「こちら」を参照してください。)を使用します。

Stochatics

 なお、最高値からの相対的な位置を見るインジケーターは、%Rオシレーター(詳細は「こちら」を参照してください。)となります。

2.計算式

 ストキャスティクスを構成する、%Kライン、%Dライン、SDラインは、それぞれ、以下の計算式により算出されます。

formula of stochastics

 なお、ストキャスティクスは、「Stochastics Oscillator」として、MT4でも標準で装備されていますが、MT4のストキャスティクスは、%Kライン、%Dライン、SDラインの3本表示ではなく、2本表示(また、MT4のストキャスティクスの計算式は上記のものとは異なります。詳細については「こちら」を参照してください。)となっています。

 1.で示した画像のような、3本のストキャスティクスの作成方法については「こちら」を参照してください。

3.使い方

⑴ %Kラインと%Dラインの関係を見る

 %Kラインと%Dラインの組み合わせを、ファーストストキャスティクス(Fast Stochastics)といいます。

 ファーストストキャスティクスにおいては、以下のように判断します。

  • %Kライン及び%Dラインの値が20%以下のときに、%Kラインが%Dラインを下から上に上抜いたとき
    →買いシグナル
  • %Kライン及び%Dラインの値が80%以上のときに、%Kラインが%Dラインを上から下に下抜いたとき
    →売りシグナル

⑵ %DラインとSDラインの関係を見る

 %DラインとSDラインの組み合わせを、スローストキャスティクス(Slow Stochastics)といいます。

 この組み合わせは、ファーストストキャスティクスよりも売買サインが遅れて出るので、通常は、長い期間のチャートを見る場合に使用します。

 スローストキャスティクスにおいては、以下のように判断します。

  • %Dライン及びSDラインの値が20%以下のときに、%DラインがSDラインを下から上に上抜いたとき
    →買いシグナル
  • %Dライン及びSDラインの値が80%以上のときに、%DラインがSDラインを上から下に下抜いたとき
    →売りシグナル

⑶ 逆行現象(ダイバージェンス)

  • ブリッシュ・ダイバージェンス
    買い転換のサイン
  • ベアリッシュ・ダイバージェンス
    売り転換のサイン

 ブリッシュダイバージェンス及びベアリッシュダイバージェンスの詳細については「こちら」を参照してください。

4.関連インジケーター

MT4 ストキャス ウォッチャ
ストキャスティクスを見守り連絡!Slow%Dが一定値を越えたらメールします!
ストキャスティクスを見守り連絡!Slow%Dが一定値を越えたらメールします!?|?fx-on.com
fx-onで購入する

 MT4でストキャスティクスを見守り、設定した数値を超えたらメールするインジケーターです。

 以下は、上記インジケーター開発者による解説動画です。

5.関連書籍


Amazonで購入する

 ストキャスティクスについて、基本的な見方・使い方とともに、実戦のための「24の鉄則」を豊富な図版で分かりやすく詳細に解説した小冊子です。