投資手法関連書籍

 FXで継続的に利益を上げ続けるためには、システムトレードにおいてはもちろんですが、裁量トレードにおいても、自分なりに確固とした投資戦略・売買手法を確立しておく必要があります。

 そこで、自分独自の投資手法・売買戦略を確立していくうえにおいて、役立つと思われれる書籍を紹介します。

  1. We Love FX GT5オリジナルレポート
    ~目線の固定と目標の決定~
  2. We Love FX GT5オリジナルレポート第2弾
    ~ラインとエントリーポイント~
  3. We Love FX GT5オリジナルレポート第3弾
    ~MA・複数足の考え方、及び総合実践編~
  4. We Love FX GT5オリジナルレポートフルセット
  5. トレードシステムはどう作ればよいのか①②

1.GT5オリジナルレポート

縦軸を基準とした圧倒的テクニカルを駆使し 相場を攻略する五人組のレポート
We Love FX GT5オリジナルレポート〜目線の固定と目標の決定〜
We Love FX GT5オリジナルレポート〜目線の固定と目標の決定〜 | fx-on.com

We Love FX GT5オリジナルレポート〜目線の固定と目標の決定〜
We Love FX GT5オリジナルレポート〜目線の固定と目標の決定〜 | fx-on.com

内 容

 本レポートは縦軸の考え方を習得目的として、

  • ダウ理論
  • 水平線
  • エリオット波動

の3部から構成されています。

 総ページ数は111ページとなっています。

【ダウ理論】全54ページ

Ⅰ. 高値・安値
① トレンドの継続
② トレンドの崩壊
③ 戻り高値・押し安値
ⅰ) 本レポートの戻り高値と押し安値
ⅱ) ダウ理論を用いた目線の切り替え
ⅲ) 実際例
④ 弱高値・弱安値
Ⅱ. 実 践
① 例1
② 例2
③ なぜ押し安値・戻り高値で目線を切り替えるのか?
Ⅲ. ダウ理論の弱点
① 弱点その1
② 弱点その2
Ⅳ. ダウ理論・応用編(抜けやすい値と抜けにくい値)
① 大原則
② 複数時間足を使う訳
③ 抜ける場合と抜けない場合
④ 全ては左に
⑤ 実際のチャートでの判断
⑥ まとめ

【水平線】全26ページ

Ⅰ. ラインとは何か
Ⅱ. 水平線
① なぜ水平線なのか?
② 水平線の引き方
③ 水平線と波のイメージ
④ 目標設定 ~レジサポ~
⑤ 水平線で逆張りしてはいけない理由
⑥ 水平線で転換した場合の対処
⑦ 水平線を引いてみましょう
⑧ 水平線の有効期限
⑨ トレードを始める前に
Ⅲ. まとめ

【エリオット波動】全31ページ

Ⅰ.  前置き
Ⅱ. ダウ理論の特徴
① ダウ理論のトレンドの特徴
② ダウ理論の転換シグナル
Ⅲ. エリオット波動理論
① 波の特徴
② ダウとエリオットの融合
Ⅳ. エリオット・応用編(長期3波と短期3波)
① 3波の確認
② 2つの波
③ 実際のチャート
④ 注意点
Ⅴ. まとめ

特典動画1

 購入された方には特典として、ブログ(http://gt5fx.com/)内で公開されていた過去動画(2012年11月末までに配布したもの)がプレゼントされます。

 購入後のZIPファイル内にあるテキスト内に入手方法が記載されています。

  • 動画数…11本
  • 総録画時間…約300分
特典動画2

 さらに特典として、オリジナル動画がプレゼントされます。

 内容はレポートを実際に手にして学習した方へのインタビュー形式として録音・録画したものとなっています。

  • このレポートで勉強してどう変わったのか
  • トレード報告とそれに対するディスカッション
  • 音声ファイル…1本
  • 録音時間…約30分
  • 動画数…3本

 「We Love FX GT5オリジナルレポート~目線の固定と目標の決定~We Love FX GT5オリジナルレポート〜目線の固定と目標の決定〜 | fx-on.com」の詳細は「こちらWe Love FX GT5オリジナルレポート〜目線の固定と目標の決定〜 | fx-on.com」を参照してください。

>>目次に戻る

2.GT5オリジナルレポート第2弾

縦軸を基準とした圧倒的テクニカルを駆使し 相場を攻略する五人組のレポート第2弾!
We Love FX GT5オリジナルレポート第2弾〜ラインとエントリーポイント〜
We Love FX GT5オリジナルレポート第2弾〜ラインとエントリーポイント〜 | fx-on.com

We Love FX GT5オリジナルレポート第2弾〜ラインとエントリーポイント〜
We Love FX GT5オリジナルレポート第2弾〜ラインとエントリーポイント〜 | fx-on.com

内 容

 本レポートは精度高く且つロスカットを小さく抑えるエントリーポイントを習得目的として、

  • 短期水平線
  • トレンドライン
  • フィボナッチ

の3部から構成されています。

 総ページ数は111ページとなっています。

【短期水平線】

Ⅰ. ラインの種類と確認
Ⅱ. 短期水平線
① 短期水平線を使う理由
② 短期水平線の引き方
③ エントリーのイメージ
④ 誤差の考え方
⑤ 短期水平線での反応パターン
Ⅲ. 短期水平線の弱点
① 高値・安値の更新が弱い場合
② 目線固定の基準ではない
Ⅳ. ダウ理論・短期水平線の確認
Ⅴ. ダウ理論と短期水平線の関係性
① ゾーンの考え方
② ゾーン間でのエントリー
③ 期待値
④ 複数候補と使用性
Ⅵ. 実際のチャート例
① チャート1
② チャート2
③ チャート3
④ チャート4
⑤ チャート5
⑥ チャート6
⑦ チャート7
⑧ チャート8
Ⅶ. あとがき

【トレンドライン】

Ⅰ. トレンドライン
① トレンドラインとは
② ご都合ライン
③ トレンドラインの引き方
④ ご都合ラインからトレンドラインへ
⑤ 実際のチャートを使って
Ⅱ. チャネルライン
① チャネルラインの引き方
② チャネルラインの使い方
③ 実際のチャートを使って
④ チャネルラインからのエントリーは危険
Ⅲ. 切り上げライン 切り下げライン
① 4種類のライン
② 切り上げライン・切り下げラインの定義
~トレンドラインとの違い~
③ 引いていいライン いけないライン
④ 切り上げライン・切り下げラインを使ったエントリーのイメージ
⑤ 実際のチャートを使って
⑥ 動くところだけでエントリーするために
⑦ 抜け方のパターンとエントリータイミング
Ⅳ. 切り上げ・切り下げ&短期水平線の融合
① 切り上げ・切り下げ&短期水平線のメリット・デメリット
② 切り上げ・切り下げ&短期水平線の使い分け
Ⅴ. チャートパターン(上昇フラッグ・下降フラッグ)
Ⅵ. まとめ

【フィボナッチ】

Ⅰ. フィボナッチ
Ⅱ. フィボナッチリトレースメント
① どこにフィボをあてるのか?
② 23.6%
③ 9%
Ⅲ. フィボナッチエクスパンション ~N値~
Ⅳ. レンジブレイク時の目標 ~E値~
Ⅴ. ~V値~
Ⅵ. 実践での使い方

特典動画1

 購入された方には特典として、ブログ(http://gt5fx.com/)内で公開されていた過去動画(2012年12月から2013年1月に配布したもの)がプレゼントされます。

 購入後のZIPファイル内にあるテキスト内に入手方法が記載されています。

  • 動画数…26本
  • 総録画時間…約680分
特典動画2

 さらに特典として、第1回質疑応答勉強会の未公開動画がプレゼントされます。

 内容は、第1弾レポートを実際に手にして学習した方へのインタビュー形式として録音・録画したものとなっています。

  • 第1弾レポートを入手された人の中から抽選で6人の方々に質問を用意してもらい、それを基に質疑応答
  • 動画数…2本

 「We Love FX GT5オリジナルレポート第2弾~ラインとエントリーポイント~We Love FX GT5オリジナルレポート第2弾〜ラインとエントリーポイント〜 | fx-on.com」の詳細は「こちらWe Love FX GT5オリジナルレポート第2弾〜ラインとエントリーポイント〜 | fx-on.com」を参照してください。

>>目次に戻る

3.GT5オリジナルレポート第3弾

縦軸を基準とした圧倒的テクニカルを駆使し 相場を攻略する五人組のレポート第3弾!
We Love FX GT5オリジナルレポート第3弾〜MA・複数足の考え方、及び総合実践編〜
We Love FX GT5オリジナルレポート第3弾〜MA・複数足の考え方、及び総合実践編〜 | fx-on.com

We Love FX GT5オリジナルレポート第3弾〜MA・複数足の考え方、及び総合実践編〜
We Love FX GT5オリジナルレポート第3弾〜MA・複数足の考え方、及び総合実践編〜 | fx-on.com

内 容

  • MA
  • 複数足
  • 総合実践編

の3部から構成されています。

 総ページ数は147ページと第1弾・第2弾に比べて最大になっています。

【MA】

Ⅰ. MA(Moving Average:移動平均線)と基準MA
① MAとは?
② なぜMAを使うのか?
③ 基準MA
Ⅱ. グランビルの法則と基準MA
① グランビルの8つの法則
② グランビルの法則と基準MA
Ⅲ. 基準MAの使い方
① 基準MAを使ったエントリー
② 基準MAを使った保有の目安
③ MAと波のリズム
④ どの波を取るのか
Ⅳ. ダウ理論の弱点をカバーするMAの使い方(上級者向き)
① 成功例
② 失敗例
③ 目線とは逆のポジションだということ
④ まとめ
Ⅴ. MAの間違った使い方と正しい使い方
① MAの角度
② 機能するMA 機能しないMA
Ⅵ. MAを組み合わせたトレードの組立
Ⅶ. おわりに

【複数足】

Ⅰ. 基本の確認
Ⅱ. 複数足を使う理由
Ⅲ. 複数足を使ったエントリー
① 各時間足の状況とパターン
a. 長期順張り、短期順張り
b. 長期順張り、短期逆張り
c. 長期逆張り、短期順張り
ⅰ. 基本形
ⅱ. Wトップ
ⅲ. ヘッドアンドショルダー(三尊)
d. 長期逆張り、短期逆張り
Ⅳ. 実際のチャート例
Ⅴ. まとめ

【総合実践編】

Ⅰ. 今まで学んできたこと
Ⅱ. 実戦例
① 環境認識
② 長期順張り・短期逆張り ~其の壱~
③ 長期順張り・短期逆張り ~其の弐~
④ 長期順張り・短期順張り
⑤ 長期逆張り・短期順張り(目標未達成)
⑥ 長期逆張り・短期逆張り(目標達成)
⑦ 長期逆張り・短期逆張り
⑧ 長期レンジ時の戦略について
⑨ V字A字の可能性を考えなければならないパターン
⑩ エントリーポイントの絞り込み
⑪ 3-3の注意点
⑫ 2つの時間足を使った考え方
Ⅲ. おわりに

特典動画1

 購入された方には、特典としてブログ(http://gt5fx.com/)内で公開されていた過去動画(2013年2月から2013年4月に配布したもの ※一部を除く)がプレゼントされます。

  • 動画数…29本
  • 総録画時間…約810分

 購入後のZIPファイル内にあるテキスト内に入手方法が記載されています。

特典動画2

 さらに特典として、第2回質疑応答勉強会の未公開動画がプレゼントされます(一部はブログ(http://gt5fx.com/)で公開されていますが、ノーカットバージョンです。)。

 内容は、第1弾・第2弾レポートを実際に手にした方の中から8名の方々に質問を用意してもらい、質疑応答形式で収録されています。

  • 動画数…2本
  • 総録画時間…約205分

 購入後のZIPファイル内にあるテキスト内に入手方法が記載されています。

 「We Love FX GT5オリジナルレポート第3弾~MA・複数足の考え方、及び総合実践編~We Love FX GT5オリジナルレポート第3弾〜MA・複数足の考え方、及び総合実践編〜 | fx-on.com」の詳細は「こちらWe Love FX GT5オリジナルレポート第3弾〜MA・複数足の考え方、及び総合実践編〜 | fx-on.com」を参照してください。

>>目次に戻る

4.GT5オリジナルレポートフルセット

縦軸を基準とした圧倒的テクニカルを駆使し 相場を攻略する五人組のレポート第1弾~第3弾のフルセット!
We Love FX GT5オリジナルレポート 第1弾~第3弾セット
We Love FX GT5オリジナルレポート 第1弾~第3弾セット | fx-on.com

We Love FX GT5オリジナルレポート 第1弾~第3弾セット
We Love FX GT5オリジナルレポート 第1弾~第3弾セット | fx-on.com

セット内容

  • We Love FX GT5オリジナルレポート
    ~目線の固定と目標の決定~
    詳細は「こちらWe Love FX GT5オリジナルレポート〜目線の固定と目標の決定〜 | fx-on.com」を参照してください。
  • We Love FX GT5オリジナルレポート第2弾
    ~ラインとエントリーポイント~
    詳細は「こちらWe Love FX GT5オリジナルレポート第2弾〜ラインとエントリーポイント〜 | fx-on.com」を参照してください。
  • We Love FX GT5オリジナルレポート第3弾
    ~MA・複数足の考え方、及び総合実践編~
    詳細は「こちらWe Love FX GT5オリジナルレポート第3弾〜MA・複数足の考え方、及び総合実践編〜 | fx-on.com」を参照してください。

>>目次に戻る

5.トレードシステムはどう作ればよいのか


>>Amazonで購入する


>>Amazonで購入する

 数々の売買システムを分析・検証し、世界のシステムトレーダーが注目する雑誌であるFutures Truth Magazineの人気コーナーをまとめたものです。

  • 資金管理・ポジション管理の方法
  • トレードシステムのパラメーターを固定すべきか否か(動的移動平均線など)
  • トレーリングストップのバリエーション

など、様々な観点からシステムトレードの手法についての検証結果が、検証に用いたトレードシステムのコードとともに記載されています

 トレードシステムを構築していくうえでのアイデアを得るのに役に立つものと思います。

>>目次に戻る


MT4の使い方からプログラミングまで、わかりやすく解説